2016 10月 - 肝硬変を早く見つけたい!

肝細胞が破壊され、線維組織が増殖するために、肝臓が縮小して硬くなる病態です。ウイルス性肝炎・アルコール性肝臓障害や栄養障害などが原因となり、腹水・黄疸・脾腫などの症状が現れ、食道胃静脈瘤や肝臓癌を併発することもあります。

10月, 2016年

どんな果物健胃この肝硬変六大果物助けて保護胃气

2016-10-21

果物栄養価値だけでなく豊富で,その上含まれる様々な栄養素が補足タイムリーに人体に必要な各種の栄養のある果物には、胃をかう効果ですね.それはどんな果物の胃をかいますか?今日小編は教えてあげるこの6種類の果物が助けて保護胃气、一緒に見に行きましょう.

1、ブドウ<P>には

ブドウは美容アンチエイジング抗酸化の聖品も、胃をかう果物家族の代表.ブドウの益の息、唾液の分泌を促進して渇きをいやすこと補血胃利尿作用があって、内臓を強くする.

ぶどうは大量の酒石酸が含まれているため、消化の作用ができるということです.だから、適切に多く食べてブドウ健脾臓と胃が、身体の健康に役立つ.

もう葡萄も果物には複合鉄の元素の多い果物、ずっと貧血患者の栄養食品です.児童、女性と体虚貧血者の栄養上物になります.しかし、ブドウ性は涼しくするべきで、1回食べるのは多すぎて、特にお症者、より厳格に制御する数量、さもなくば易傷胃.

p2、いちご

《本草綱目』に記されているイチゴが肺を潤すこと,内臓を強くする胃、補血、益の息、老人、子供や体のびくびくする者にとっては、栄養補給するの上物.イチゴの栄養はとても合理的で、その中のビタミンCの含有量は約同量のスイカ ,肝硬変、ブドウかリンゴの10倍.

が、しかしそれらの好みのびくびくして冷たくて、肺寒咳の人には不向きすぎのイチゴが食べた.食べてもブドウを薄く塩水に浸して10分ぐらい浸して、それから清水できれいに洗ってから食べること.