肝臓疾患注意! 肝硬変について知っていますか? - 肝硬変を早く見つけたい!

肝細胞が破壊され、線維組織が増殖するために、肝臓が縮小して硬くなる病態です。ウイルス性肝炎・アルコール性肝臓障害や栄養障害などが原因となり、腹水・黄疸・脾腫などの症状が現れ、食道胃静脈瘤や肝臓癌を併発することもあります。

肝臓疾患注意! 肝硬変について知っていますか?

1、肝硬変を引き起こすの原因

肝硬変の原因はたくさんがあって、少なくとも10種類以上の原因がその病気を引き起こすことになります。最もありふれているの原因はウィルスの感染、例えB型肝炎、C型肝炎のウィルスです。中国の北部地方で飲酒によって肝硬変になる人も少なくないです。それ以外、免疫性の肝臓疾病、長期にわたるある薬物を服用して、肝臓を損害し、薬物肝臓病になります。また寄生虫の感染、新陳代謝の乱れで引き起こした例もよくあります。

2、どんな人は肝硬変になりやすいですか?

B型肝炎あるいはC型肝炎ウイルスに感染された人が肝硬変になる可能性は高いと思われています。また、よく大酒を飲む人(大酒を飲むというのは、男性は平均で毎日40グラムアルコールを超え、女性は毎日20グラムのアルコールを超えるこどです)はよりなりやすいです。これ上は酒を飲んだミリリットルを指してはなくて、アルコールの含有量です。そこで、B型またC型肝炎ウィルスに感染されると、絶対肝硬変になとは言えません。病気が早期で発見し、すぐに治療すれば、病気を制御可能です。一般的は肝炎から肝硬変に病変するのは5年乃至10年、20年の時間があります。

3、肝硬変の兆候について

A型肝炎とE型肝炎は肝硬変に病変する例はあんまり多いです。この2個の病気は急性疾患で、言い換えれば慢性の肝臓疾病さえ肝硬変になる可能性があります。早い時期で病徴は著しくないですけど、実に知らないうちにその慢性の肝臓疾病が少しずつ悪化しています。だから、私たちはアミノ基転移酵素、黄疸などを通して肝臓の状況を判断しなければなりません。もしアミノ基転移酵素はいつも安定していないとしたら、肝臓には損傷があるのをわかるようになります。この状況は肝硬変になりやすいです。しかし、本当の肝硬変段階の時、アミノ基転移酵素にまた正常になるから、必ず病気の早期で発見しなければいけなりません。