肝硬変は肝がんと進む? - 肝硬変を早く見つけたい!

肝細胞が破壊され、線維組織が増殖するために、肝臓が縮小して硬くなる病態です。ウイルス性肝炎・アルコール性肝臓障害や栄養障害などが原因となり、腹水・黄疸・脾腫などの症状が現れ、食道胃静脈瘤や肝臓癌を併発することもあります。

肝硬変は肝がんと進む?

肝硬変が遂行することで肝臓が繊維状に替てしていく症状です。最初の時では、特に目立った症状は見られないですが、症状の進行に伴って血流の悪化などから、全身にいろいろな症状が現れてきます。たとえば私が理事長をつとめる国際病院は、一九九二年に全病室を個室にして、各室にトィレットと シャヮーまたはバスを設け、,さんも日本の一般の病院の倍はいます。日本の医療施設としては、か なりの高水準を保つようにしているのですが、それでも看謹さんの数は英米の病院の半分にすぎません。

話はそれるようですが、こうした日本の医療対策は、アメリカのある医師に言わせると半世紀遅れということになります。アメリカから来た医師は、微日本の病院を見て、日本では入院したくないとをそ ろえて言います”そのたびに、私ははずかしい思いをするのですが、そうした^れはあちこちに見られま す。

たとえば日本では救急体制がひじょうに遅れています。医学大学でも、救急医療専門の教授がいる大学 はあまりありません。患者をぱっと兑て、短い時間の間に判別して効果的な手当てをする、というのは幅広い知識と経験が必要なのですが、そうした人材を日本では必要な数まで打てょうとしないのです。

ま今ノーベル医療生理学賞を受賞した人は, 一九九三年から一九九六年までの九六年間で’三百数人 に及ひますが,ん日本の医師の中からはまだだれももらっていません。これは日本人の遺伝子が惡いのでは なく、研究の畑が悪いのです。

シアリスの効果は、シアリス10mgタイプで20時間から24時間、シアリス20mgタイプで30時間から36時間も続き、ウィークエンドピルとも呼ばれることもあります。