肝硬変の関連情報 - 肝硬変を早く見つけたい!

肝細胞が破壊され、線維組織が増殖するために、肝臓が縮小して硬くなる病態です。ウイルス性肝炎・アルコール性肝臓障害や栄養障害などが原因となり、腹水・黄疸・脾腫などの症状が現れ、食道胃静脈瘤や肝臓癌を併発することもあります。

肝硬変の関連情報

肝臓の機能が低下すると体がだるい、疲れやすい、食欲がないなどの全身症状のほかに上図のような症状が出てきます。早めに主治医に相談しましょう。 とくに黄疸(おうだん)や腹水(ふくすい)、肝性脳症(かんせいのうしょう)などの明らかな症状がある肝硬変のことを<非代償性肝硬変>(ひだいしょうせいかんこうへん)と呼び、またこれらの症状がない肝硬変のことを<代償性肝硬変>(だいしょうせいかんこうへん)と呼び区別します。栄養療法は明らかな症状が出る前の早い時期から始めるのが効果的です。

肝硬変は文字どおり肝臓が硬くなって内部や表面に結節や凸凹ができるので、超音波(エコー)検査やCT(コンピュータ断層撮影)検査で肝臓の形に変化がみられます。肝細胞機能が低下すると蛋白合成がうまくできなくなり、血清アルブミン値が3.5g/dL以下に低下します
線維化が進むとγグロブリンや膠質反応が高値を示します。
肝臓が硬くなって門脈から肝臓へ血液が流れにくくなると、脾臓に血液が多く流れて腫大(しゅだい)(機能亢進)するために血小板数が10万個/μL以下に減少します

肝臓の機能は徐々に低下するため、肝硬変になっても気づきにくい場合があるので、定期的に肝機能検査をして経過をみるようにしましょう。
肝炎やアルコールが原因で肝臓の細胞が破壊されつづけると、再生能力の高い肝臓と いえども限界が訪れます。肝臓の中に線維が増えて固くなり、見た目にもゴツゴツとした こぶだらけの臓器になります。この状態を肝硬変といいます。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 – 肝硬変の用語解説 – 肝臓の組織が硬くなり, 本来の働きをしなくなってしまう病気。肝細胞の障害と線維成分の著しい増加によって, 肝臓が硬化縮小してしまう状態で,肝臓病の終着駅ともいえる。

ED治療の第一選択は、バイアグラなどED治療薬の服用です。